富津っ子

千葉県富津市の魅力を再発見・WEBの力で便利に楽しく!

カフェ グルメ 富津の人々

NOZY COFFEE 能城政隆氏インタビュー 後編/NOZY COFFEE設立からついに地元出店

投稿日:

Nozy_cover2

以前、公開した NOZY COFFEE 代表の 能城政隆氏へのインタビュー後編になります。

NOZY COFFEE 能城政隆氏インタビュー 前編/野球少年からシングルオリジンコーヒーの伝道師へ

前編では能城さんの幼少期からコーヒーとの出会い、コーヒー生産地エチオピアで気付いたシングルオリジンへのこだわりについてお聞きしました。引き続きNOZY COFFEEの立ち上げから地元木更津への出店の経緯をお話いただきました。

nozy_profile能城政隆

株式会社NOZY珈琲代表取締役。
1987年千葉県富津市生まれ。28歳。
小学校から木更津高校まで野球一筋。慶應義塾大学在学中にコーヒーに目覚め、湘南台に期間限定のコーヒースタンド「のーじー珈琲」を開店。エチオピアを訪れた際、豆が本来持っている味や特徴を楽しむ、<シングルオリジンコーヒー>という文化の存在に触れ、世界中にこの文化を浸透させコーヒーに関わる人を豊かにすることが夢。2010年に三宿店、2013年に2店舗目「THE ROASTERY BY NOZY COFFEE」を原宿・神宮前にOPEN。2014年には念願の地元木更津のイオンモールに「NOZY COFFEE 木更津店」をオープンさせた。
http://www.nozycoffee.jp/index2.php

シングルオリジンへのこだわりがNOZY COFFEE出店へ

富津っ子(以下富津): 2010年に三宿店を立ち上げたわけですが、どのような想いで作られたのですか?

能城政隆氏(以下能城): 当時はいわゆる「カフェブーム」が起きていたのですが、私が実現したかったコーヒーショップとは違い多くのカフェがイスやテーブルなど空間に重きが置かれていてコーヒーの味が軽視されているようなイメージがありました。同じような場所を作ってしまうと我々がやりたいコンセプトが伝わらないだろうと。今まで日本に存在しなかった「コーヒーに徹底的にこだわった店舗」と認識してもらえるようにしようと考えました。

基本テイクアウトを想定し店内には4席しか用意しませんでした。もちろん店内で飲んで行く方もいらっしゃいますが、近くに公園もありましたので買って帰る方が多く、結果的には変わったスタイルのお店としてお客様にしっかり認識していただけたと思います。

お客様のコーヒーに対する認識についても、もちろん当初は「ブレンドをください」と言われることも多かったのですが、「シングルオリジン」の重要性をちゃんと説明し続けることで理解していただけたと思いますし、コーヒーのシーンも徐々に変化し雑誌などでもシングルオリジンという言葉がでるようになり、周りのお店も徐々に産地を明確にするなど真似をしてくれるようになってくれたので、少しでも影響を与えられたのかなと思います。

2店舗目の神宮前ロースタリー、それから地元木更津への出店

20160319-nozy-coffee-00006

富津: その後、2013年に2店舗目「THE ROASTERY BY NOZY COFFEE」を原宿・神宮前に、続く2014年には地元木更津のイオンモールに「NOZY COFFEE 木更津店」を出店されたわけですが、この辺りの出店計画などは元から念頭にあったのですか?

能城: 特に何年で何店舗という計画を立てていたわけではありませんでした。我々が仕入れた高品質なコーヒーを直営店で販売したり、カフェ・レストランなどへ卸すのがメインの仕事と考えていましたし、お陰さまで取引先も順調に増えていたので正直店舗を増やす必要はなかったのです。

ただ、お店を作るのであれば同じ物ではなく、そのスペースが個性的で全く新しいコンセプトを感じる物にしたいと思っていました。チェーン展開というよりはアーティストが作品を作るように、その場に会ったお店を作るイメージです。三宿店もロースタリーも全く趣きが異なるのですが、更に新しく店舗を作るのであれば、その地にコーヒー文化を根付かせられるような場所を選びたいと思っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イオンモール木更津内にある木更津店

富津: 木更津店はイオンモールの中でHUNTというライフスタイル提案型の複合施設の中に併設されるという変わったスタイルとなったわけですがどのような流れだったのですか?

能城: HUNTを運営するガリバーさんからお声がけいただいたのですが、コーヒーを通じて地域貢献できる良いキッカケになるのではないかということで話が進んでいきました。

昔はコーヒーといえばおじさんが飲む苦い飲み物というイメージだったかもしれませんが、今ではスッキリとした味のコーヒーもあり、女性であっても紅茶よりコーヒーが好きという方も少なくありません。幅広い層の方に美味しいコーヒーを楽しんでいただける場ができればと思いました。

モールですから普段の買い物で立ち寄る機会も多く、コーヒーショップに立ち寄っていただきやすいのではないかと期待しています。コミュニケーションが発生する場としてのイメージだと、独立店よりもモールの中に入っている方が良いと思い出店に至りました。

能城: さらに、HUNTさんは「おでかけのはじまり」というコンセプトで運営されていますが、シングルオリジンコーヒーも産地からお客様の口に届くまで長い旅を経てやってくることもあり、そういう部分でも共感がありました。

富津: 実際に木更津に出店してみてお客様の反応はいかがですか?

能城: 三宿店を立ち上げた時と同じなのですが、やはり初めはお客様のコーヒーに対する認識が薄いかなという感じもあったのですが、お一人ずつに丁寧に説明させていただいて徐々にシングルオリジンへの共感を得ていると実感しています。

1,2年で簡単にできるとは思っていなくて5年10年じっくりと時間をかけて浸透させていく必要があると思います。

富津: 店舗としては私も良く利用させていただくのですが、Wi-fiが完備されていたり、電源も借りられるということで仕事場として便利に使わせていただいています。実はこの地域にはまだまだこういった配慮のあるスペースは少ないんですよね。

能城: 房総地域への出店の際に、イオンではなくアウトレットに出店したらどうか?とういう意見もよく聞いたのですが、アウトレットはどちらかというと非日常のお出かけのイメージがあって、普段気軽に来る感じじゃないと思ったのです。コーヒーショップは日常の中に溶け込んでいて欲しいという想いがあって、店舗作りをしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Wi-Fi、電源完備がうれしい

まずは気軽に飲んでいただきたい「パスポート」制度

富津: 木更津店では「NOZY COFFEE PASSPORT」を企画・販売されていますね。一番安い3900円のプランでも200gのコーヒー豆を3回合計600g分もらえて、3ヶ月の期間中いつお店にきてもドリンクが全て割引価格。そもそも、コーヒー豆600gで元を取ってしまっている計算なのですが、これにはどういった狙いがあるのですか?

能城: まずは、シングルオリジンコーヒーを飲み慣れていただかないことには始まらないと思いまして企画したものです。やはり、知識をたくさん入れたらコーヒーの味が変わるというものではなく、普段から飲むことで味が分かってくる。知識がなくても、美味しいものは美味しいと感じられるのが本物だと思っています。

弊社のシングルオリジンは本当に個性的な風味をストレートに味わっていただけるので、一度飲み続けたら別のブレンドコーヒーなどは飲めなくなったというご意見を良く聞きます。

気軽に立ち寄って飲んでいただきたいというイオンへの出店を決めたコンセプトとも一致している施策だと考えます。

地域のお店とのつながり。今後の展望など

富津: 近隣のお店との取引などお付き合いはあるのですか?

能城: これまで雑誌などにも掲載していただいたり、露出をしていたこともありますのでこちらに出店した際に飲みにきてくださる方もたくさんおりました。その中で「実はカフェをやっているんです」などと声をかけてくださる事もあり、当店のコーヒー豆を使っていただいているお店もあります。

富津: 富津にも出店するという計画はありませんか?先程から同じ業態ではやらないと仰っているので難しいかもしれませんが(笑)

能城: そうですね、今のところ計画はないのですが…。木更津の渡辺市長が高校の先輩だったりもありますし、行政や他の事業者さんと組んで地域のためになるようなこともしてみたいなとは考えますね。もちろん富津でも何かできることがあればチャレンジしたいです。

富津: 富津で何か一緒にできることがあれば面白いですね!ぜひその時がきたらコラボさせてください!

Nozy_富津っ子Tシャツ
木更津店のスタッフのみなさんが富津っ子Tシャツを着て営業してくださいました!(富津市民花火大会の当日です)

店舗情報・お知らせ

インターン募集

NOZY COFFEE 木更津店でインターンを募集しているそうです。コーヒーの専門家集団でもあるNOZYさんで働けばコーヒーに詳しくなること間違いなし!地元の人歓迎というのも嬉しい情報ですね!

締め切りが8月4日(木)までだそうですので、興味のある方はぜひ応募してみてください!詳しくは下記Facebook投稿をご参照ください。

8月のワークショップ情報

コーヒーの伝道師NOZY COFFEEさんならではのワークショップが多数用意されています。

nozy_ws_201608

1.夏季限定!美味しいアイスコーヒーのつくり方
■日時:8月6日(土)13:00~14:00 

2.夏季限定!オリジナルコーヒーゼリーをつくってみよう
■日時:8月10日(火)15:30~16:30 

3.ラテアートをつくってみよう!
■日時:8月17日(水)15:00~16:30 

4.3つの器具使ってコーヒーを淹れる!
■日時:8月23日(火)15:00~16:30 

5.ラテアート アドバンス(中級編)
■日時: 8月20日(土)13:00~14:00

6.プライベート ワークショップも開講!
希望日時に参加したい方、友人同士、会社の同僚など仲間で受けたい方におすすめです。
下記時間の中で内容も含めスタッフと相談しながら
オリジナルワークショップを組むことができます
■平日14:00~17:40 or 土日11:30~18:00 の中で調整可能

料金やお申し込み方法などの詳細情報はNOZY COFFEE 木更津店さんのFacebookページ投稿をご覧ください。

店舗情報

NOZY COFFEE|シングルオリジンコーヒー専門店
NOZY COFFEE 木更津店(Facebookページ)

住所: 〒292-0835 木更津市築地1-4 イオンモール木更津1F
時間: 10:00~21:00 (L.O. 20:45)
電話: 0438-38-3374

インタビュー・文: ヤガー
写真: 白狐

-カフェ, グルメ, 富津の人々
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブリストルヒルゴルフクラブ内「AWkitchen22」をランチ利用(富津市亀沢)

富津市亀沢にあるブリストルヒルゴルフクラブのクラブハウスレストラン「AWkitchen22」はランチのみの利用もできること知っていましたか?ゴルフをやらない管理人には縁のない場所かと思っていましたが美 …

寿司・割烹の「いちまさ」/創作料理とマル秘食材による芸術に驚くお店(富津市竹岡)

アニメ「だがしかし」の聖地として選ばれ、話題沸騰中の富津市竹岡地区ですが、このお店を紹介しないわけにはいかないでしょう!ということで久しぶりのお店紹介は「いちまさ」さんです。 More from my …

石の町金谷の本格石窯ピザ屋「GONZO」

色々な人にオススメされて気になっていた金谷の石窯ピザ屋さん「GONZO」にようやく行くことができました。 石の町の 石窯ピザ屋『GONZO』 More from my site富津岬の近くに可愛らしい …

旨辛!本場タイ料理が富津で食べられる「居酒屋バン、タイ」(富津市大堀)

怒涛の新店舗紹介第2弾です! 富津っ子特派員から気になるお店があるとの情報を聞きつけ、突入したのは青堀に7月にできたばかりというタイ料理のお店。青堀駅からすぐ近くなんですが、あまり目立たない裏通りにあ …

【ふっつ生のりフェア開催中】中華料理 雲龍さんの「生のりラーメン」

1月にNHK「ゆうどきネットワーク」に富津の生のり登場!という記事でもご紹介しましたが、海苔の名産地である富津市では3月いっぱい「ふっつ生のりフェア」を開催しています。先日用事のついでに思いつき、番組 …

たび旅富津 富津市観光協会の総合情報サイト
メルマガ購読・解除