富津っ子

千葉県富津市の魅力を再発見・WEBの力で便利に楽しく!

富津の人々

富津市在住の鉄道ジャーナリスト/梅原淳さん

投稿日:

リニアモーターカーで東京から名古屋まで、約40分と言われます。
浜金谷から木更津まで電車に乗ると約45分ですから、木更津につくまでの間に、名古屋についてしまうことになるなぁ~。

そんな他愛もないことを考えつつ、今回富津っ子は、富津市内に住む鉄道ジャーナリスト・梅原淳さんにお会いすることができました。(梅原さんは、広島などで幼少期を過ごされ、その後東京で仕事されていましたが2009年から富津市内に拠点を動かされています。)

umemoto_01


せっかくなのでサイン会(笑)

著書の「鉄道の未来学」角川書店にサインをしていただきました(今回場所をお借りしたCafe GROVEさんもちゃっかり、サインもらっています(笑))
こちらの本、さすが富津市内にお住まいの梅原さんの著書だけあって、内房線特急さざなみのことなども出てきたり。とても親近感もあっておもしろいです!(^^)!

umemoto_02

―拠点を動かされたきっかけについて、伺ってみました。

「東京で仕事をしていたのですが、気管支系の体調を崩し、空気の良い富津に拠点を移しました。千葉には友人がいましたし、海や山と、いままで住んだことのある土地の特徴を皆もっているのが魅力でした。おかげで今では、すっかり治り元気になりましたよ」

―住まわれてみていかがですか?

「自然が多くて広々としていますし、都会にも近いので、住むにも働くにもよい場所ですね。アクアラインを走る高速バスで東京に行けば案外早く、何時間もかかってやって来たのだろうと思っていた都内の人はたいてい驚きます。本当は内房線がもっと便利になるとよいのですが……。」

―その内房線も良く使われるようですが?

「近年車両が変わりましたよね。現在走っている内房線の車両は、もともと京浜東北線を走っていた車両なんですよ。」

§

へぇ~
さすが、鉄道ジャーナリストの梅原さん。この他にも全国の鉄道について、色々なお話を伺えました。

ちなみに、自転車を昔なさっていたそうで、オーナーとは、むしろ自転車で話が盛り上がっていました。

umemoto_03

そんな梅原さんは、中央公民館で、鉄道文化歴史講座の講師もなさっているそうです。
富津市内にお住いの鉄道ジャーナリスト・梅原 淳さんの本をお手に取ってみてはいかがですか?

鉄道の未来学 (角川oneテーマ21)
4041100232

Kindle版はこちら↓

鉄道の未来学 (角川oneテーマ21)
B009GPMAUI

[鉄道ジャーナリスト 梅原淳]

-富津の人々
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富津市観光PV制作の舞台裏/関係者スペシャルインタビュー

2016年初めに、謎に満ちた観光プロモーションビデオが富津市観光協会から公開されたのをご存知でしょうか?ドラマ仕立てになっており、暗号のような4行のメッセージや、秘密のURLなど引き込まれるような構成 …

富津で英語教室を開いているシオン先生(平元 嗣音さん)が読売新聞に登場!

以前、富津っ子でも取材させていただいた、海苔漁師と英語教師という二足のわらじで頑張っているシオン・ヘイゲン(平元 嗣音)さんが元旦の読売新聞にデカデカと掲載されていました! ↓富津っ子のインタビュー記 …

宿泊できる古民家、「四兵衞殿(しへいどん)」プロジェクト責任者、藤田晋二さん

こんにちは!ゲストライターのミネトです。 金谷ではいろいろな若者が主体的に活動しています。 イノちゃんに続き、今日もそんな若者の活動をお伝えします。 今日ご紹介するのは、藤田晋二さん。通称、しんじです …

KANAYA BASEで出会った自転車日本一周の清田さん

久しぶりに海の見えるシェアアトリエ・コワーキングスペースの「KANAYA BASE」を訪れたところ、入り口前に何やらすごい荷物の自転車がありました。 後部の看板には日本一周の文字が! More fro …

青い瞳の富津っ子/海苔漁師をしながら英語教室を開くシオン・ヘイゲンさん

富津っ子では富津で出会った気になる人を度々紹介していますが、今回見た目は完全に外国人なのに流暢な富津弁を操るシオン・ヘイゲンさんをご紹介します。 シオンさんは、スイス生まれですが20年以上前に家族で日 …

たび旅富津 富津市観光協会の総合情報サイト

メルマガ購読・解除