富津っ子

千葉県富津市の魅力を再発見・WEBの力で便利に楽しく!

カフェ グルメ

合掌造りの古民家でいただく希少なブルーマウンテンコーヒー「カフェ エドモンズ」は本物が集まる隠れた人気店

投稿日:2014年10月8日 更新日:

金谷には何度も足を運んでいながら、まだ入ったことがないお店がありました。KANAYA BASEの目の前にある立派な屋根のこの建物は前を通った人も気になる存在ではないでしょうか。
そうこの建物こそがCafe Edomonsさんです。

20141004_edomonds01
夕方に訪れたので少し写真が暗いです。急勾配で立派な屋根が目印

20141004_edomonds02
窓からもれる柔らかな光が期待を高めます

20141004_edomonds03
「合掌館」と名付けられたこの建物は、合掌造りと呼ばれる日本の住宅建築様式の一つで、掌を合わせたように三角形に丸太を組むことが名称の由来となっているそうです。奥飛騨白川郷から移築され築230年の歴史を持つこの合掌館を再生しようというプロジェクトがあり、多くのボランティアの力で今の状態になったのだとか。

20141004_edomonds04
お店に入って通されたカウンターごしにマスターの青山さんが写っています。なんといっても、このコーヒーの機材の数と美しさに目を奪われます。

20141004_edomonds05
上にカプチーノと書いてあります。アンティークな趣きですがもちろん使えます。

20141004_edomonds06
ズラッと並ぶエスプレッソマシンの姿は圧巻。とにかく輝きがすごいのですがマスターが丁寧に磨いているのでしょう!

20141004_edomonds07
客席のある廊下。柔らかな照明で落ち着きます。

20141004_edomonds08
気さくなマスターとのトークを楽しむならカウンター席。ピカピカのマシンに囲まれるだけで嬉しい気持ちになるのは富津っ子管理人だけではないはず。

20141004_edomonds09
大広間なら大人数でも大丈夫(ただし、お店はマスター1人で切り盛りしてますのでその辺りはご了承くださいね)

20141004_edomonds10
入り口を入って土間の向こうに見える囲炉裏の部屋。ここだけ喫煙可。
寒くなるとここで鍋をやって、なぜかお客さんも一緒に食べたりするらしいです(笑)

さて、コーヒーが入るまでの間、2階がギャラリーになっているとのことで見させてもらうことに。
※2階ギャラリーは撮影禁止です。特別に許可をいただきました。

20141004_edomonds12
立派な丸太で組まれた合掌造りの屋台骨も見学できました。天井がなく屋根までの空間がすごいです。

さて、いよいよコーヒーのいい香りがしてきたので階段を降りてみます。

20141004_edomonds13
2階への階段はカウンタースペースの横にあるのですが、階段から見下ろすマシンの姿もいいですね。

今や希少となった本物のブルーマウンテンを飲めるお店。裏メニューも!?

20141004_edomonds19
100%ブルーマウンテン珈琲 800円

20141004_edomonds20
極上カプチーノミルク珈琲 800円

カフェエドモンズさんで提供されるコーヒーはなんと価格高騰・販売停止しているお店も多いと聞いている高級豆のブルーマウンテンです。原産地のジャマイカを2012年に襲ったハリケーンの影響で2014年から手に入れることが難しくなりました。都内では一杯2,400円のお店もあるとか!

UCCブルーマウンテンコーヒー製品の価格改定について| ニュースリリース | コーヒーはUCC上島珈琲
高級コーヒー「ブルマン」が消えたのはなぜ? 再び飲めるのは3~4年先か : J-CASTニュース

そんな貴重なブルーマウンテンをマスター自ら仕入れることで今でも一杯800円で飲めてしまうのです!農園(農協)ごとに異なるという酸味・甘み・薫りをマスターが絶妙な配分でブレンドし、それを少量づつ直火で焙煎。注文毎に豆を挽いて出してくれるコーヒーは至極の一杯間違いなし!

さらに!マスターのお友達限定で裏メニューもあるとか。
20141004_edomonds21

あえて、メニューの名前は伏せますがエスプレッソだけで15種類もあるんだとか!
ヒントは、エドモンズさんのFacebookページにありますので、いいね!をぜひどうぞ!

さらにさらに、サービス精神旺盛なマスターから「富津っ子を読みました!」と申し出ることでも裏メニューの注文ができるようにしてくださいました!
ありがとうございます!ぜひ、こっそり試してみてください。

§

20141004_edomonds18

その後、富津談義に花が咲き、少し遅いじかんまで居座ってしまいましたが、古民家のとても落ち着く店内に「これは長居必須だな・・・」と思ってしまったのでした。タイプスリップしたかのような合掌造りの古民家で、一級品ばかりの作品を鑑賞し、ブルーマウンテンのコーヒーを飲みながら、マスターとおしゃべり。まさに、本物ばかりが集まる名店です!

そんなエドモンズさんがフジテレビの「おじゃマップ」にテレビ出演!?

一部エドモンズファンから「混んじゃうから〜」と悲鳴が上がっておりますが、本日2014年10月8日(水)19時から放送のおじゃマップ2時間SPにエドモンズさんが映るのでは!?との情報が。どういう風に映るのか必見ですね。

cafe edomons

住所: 〒299-1861 富津市金谷2185-2 合掌館内
電話: 070-6478-7778
営業日: 金、土、日、祭日
※たまに平日もオープンします。
悪天候の時は休みます。
営業時間: 昼頃~日没まで。
ただし祭日の前日は夜もオープンする事もあります。
駐車場: 10台無料駐車場完備。

-カフェ, グルメ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新舞子海岸のオシャレな海の家「錦海亭」オープンテラスで夏を満喫!

内房地域で最も北側の海水浴場を持つ富津市。ここ新舞子海岸も隠れた人気スポットです。 その新舞子海岸の入り口の角にある南国ムードがいい感じの建物があります。それが錦海亭さんです。 竹や流木など南国をイメ …

【ふっつ生のりフェア開催中】中華料理 雲龍さんの「生のりラーメン」

1月にNHK「ゆうどきネットワーク」に富津の生のり登場!という記事でもご紹介しましたが、海苔の名産地である富津市では3月いっぱい「ふっつ生のりフェア」を開催しています。先日用事のついでに思いつき、番組 …

寿司・割烹の「いちまさ」/創作料理とマル秘食材による芸術に驚くお店(富津市竹岡)

アニメ「だがしかし」の聖地として選ばれ、話題沸騰中の富津市竹岡地区ですが、このお店を紹介しないわけにはいかないでしょう!ということで久しぶりのお店紹介は「いちまさ」さんです。 More from my …

大貫の可愛らしいカフェ「cafe LATTE」(富津市岩瀬)

岩瀬地区にはもともといわゆるカフェのようなお店があまりなかったのですが、とても可愛らしい外観のカフェができていたのでした。 お店の名前は「cafe LATTE(カフェラッテ)」 長い軒先があるスタイル …

竹岡マリーナレストハウスのシーフードカレーがウマ過ぎ!(富津市竹岡)

以前から聞いていたのに行けてなかったお店シリーズ!(笑) 富津の北側から金谷に向かう途中、海沿いの景色が綺麗な内房なぎさライン(国道127号線)を南下していくと、竹岡駅の少し手前に竹岡マリーナがありま …

ふっつ時計

たび旅富津 富津市観光協会の総合情報サイト

メルマガ購読・解除