富津っ子

千葉県富津市の魅力を再発見・WEBの力で便利に楽しく!

イベント ニュース 美味しい 蕎麦

手打ち江戸蕎麦「里山」/陶芸工房さと山では「春の作陶展」開催(富津市川名)

投稿日:2016年4月12日 更新日:

大貫駅から富津岬方面に向かう道の途中、住所では川名になりますが「手打ち蕎麦」の看板がずっと気になっていました。知人から作陶展が開催されるという情報もいただき伺ってみることに!

20160411_satoyama_01
「里山」の看板が目印です。木の雰囲気が良い手前の建物は陶芸教室をやっている工房で、ギャラリーと蕎麦処は奥の建物になります。

石臼挽き自家製粉 手打ち江戸蕎麦「里山」

入ってすぐ右がギャラリースペースになっているのですが、まずはご主人の真壁さんに手打ち江戸蕎麦についてご紹介いただくことに。

20160411_satoyama_02
客室の奥にガラス張りで作業場が見えるようになっていました。
奥に麺棒がかかっていますが、里山さんが提供する江戸前蕎麦では3本の麺棒を使うそうです。少ないスペースで麺をのばすために「巻き棒」に麺を巻きつけながら別の「のし棒」で伸ばします。広いスペースを使える田舎では1本の麺棒で広く伸ばしていきますが、江戸では狭いスペースで伸ばす必要がありこのようなスタイルになったとか。

20160411_satoyama_03
自家製粉ですので、奥には石臼もありますね。
製粉会社からは「むきみ」と呼ばれる殻を取った状態で仕入れ、ここで製粉していますので風味が損なわれず美味しい蕎麦が楽しめるというわけですね。

黒い大きな「こね鉢」は1本の大きな木から削りだしたものだとか!

20160411_satoyama_04
さてさて、客室はというと・・・

20160411_satoyama_05
和室に味のあるテーブルがありました。
実はもともと蕎麦打ち台だった大きな板を使ったものだそうで、数々の傷は長年美味しい蕎麦を提供してきた歴史が刻まれているということなんですね。その歴史のテーブルでいただくお蕎麦・・・ロマンがあります。
※ちなみに、このテーブルは南房総市の古材家具ショップ DEWの今井さん作だそうです。Cafe GROVEの扉を作られた方ですね。

20160411_satoyama_06
「足が痛くてお座敷は苦手…」という方にはテーブル席もあります。

20160411_satoyama_07
こちらでは、3種類の産地の異なる蕎麦を提供しているそうです(時期によって種類は変わります)、中でも幻の蕎麦と言われる「千葉在来 野呂町産」は千葉県内でも2店舗でしか食べられない貴重な種類だそうです。しかもこの野呂在来がめちゃくちゃ美味で、ここで味を知ってしまうと他の蕎麦が食べられなくなるという人も多いとか!

残念ながらこの日は非営業日でしたので、ぜひこのお蕎麦を食べに来ようと思います。

手打ち蕎麦 里山
住所: 富津市川名1080
TEL&FAX: 0439-87-2142
営業日・時間:
・土曜日11時~15時
・日曜日11時~16時 まで営業しております

その他、事前に日程をご確認の上、予約していただければ営業日・時間以外でも予約営業可能だそうです。旬の素材を活かしたオリジナル蕎麦懐石が食べられるとあってこちらも人気があるそうですので、ぜひ上記連絡先までお問い合わせください。

陶芸工房さと山の「第3回 春の作陶展」

ついついお話に引きこまれてしまって前置きが長くなってしまいました(笑)では今回の取材の本題でもある作陶展のご紹介です。

20160411_satoyama_08

20160411_satoyama_09

20160411_satoyama_10

20160411_satoyama_11

陶芸工房さと山の陶芸教室に通っている生徒さんや、作家さんの作品が展示されています。グループ展ということでやはりそれぞれ作品に個性があって面白いです。

入場無料ですので、ぜひお気軽にご覧ください!

【第3回 春の作陶展】
会場: 陶芸工房さと山ギャラリー
住所: 富津市川名1080
TEL : 0439-87-2142
期間: 4月12日(火) 〜 19日(火)
時間: 10:00 〜 16:00

※ご来場の方にはお茶の無料サービスがございます。
※なお「手打ち蕎麦処 里山」にて食事をご希望の方は前もってご予約ください。平日でも可能ですが、ご予約のない場合はお食事のご用意ができませんのでお気をつけ下さい。

富津公民館の陶芸教室も実は里山さん!

お話を伺っていると、富津公民館で開催されている陶芸教室を教えているのは実は里山さんなんだそうです。公民館での教室ということでほぼ材料費のみで学べるかなりお得な講座となっていますので興味のある方はぜひ富津公民館までお問い合わせください。

【陶芸教室】
期間: 6月~10月
日程: 第1・3火曜日
時間: 14:00~16:00
テーマ: お皿や小鉢など、世界にひとつだけの「わたしの器」作りを楽しむ。
平成28年度富津公民館開催教室・講座一覧 | 富津市

今年は全9回で5種類の器を作るそうです。最後の回には講座で作ったそば猪口で里山の手打ちそば体験をして食べるのが定番になっているそうで、そちらも人気だそうです。定員もあると思いますのでお早めにお問い合わせください。
詳細は近々回覧される富津公民館だより「夕焼け岬」にも掲載されると思います。

§

作陶展は本日からスタートです!ぜひお立ち寄りください。

それにしても、千葉在来のお蕎麦が気になりすぎます。近く食べに行きたいなぁ〜!

スポット情報手打ち江戸蕎麦 里山

〒293-0023 千葉県富津市川名1080
0439-87-2142

-イベント, ニュース, 美味しい, 蕎麦


  1. […] 回の展示を取材させていただきました。 手打ち江戸蕎麦「里山」/陶芸工房さと山では「春の作陶展」開催(富津市川名) […]

  2. […] の作陶展を取材させていただきました。 手打ち江戸蕎麦「里山」/陶芸工房さと山では「春の作陶展」開催(富津市川名) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東大むら塾「むらおこしコンテスト」のクラウドファンディング募集中/支援は10月28日まで

富津市相川地区で活動している東大のサークル「東大むら塾」のみなさんが、富津市で「むらおこしコンテスト」を企画されており、その運営資金のためのクラウドファンディングを募っています。

かずさ地域45店舗が参加する房総コラボキャンペーンは本日1月23日からスタート!

房総の富津市・君津市・木更津市・市原市にある合計45店舗が参加する大規模なキャンペーンが本日1月23日(金)からスタートしたようです! キャンペーンのルールは、参加店舗で決められた条件(〇〇円以上購入 …

「第9回ふっつ海堡丼フェア」は2019年10月1日から11月末まで開催中!/記者発表試食会レポート!

令和に入って初の海堡丼フェアの季節がやってきました! ※海堡丼の由来については、第6回のレポート記事に詳しくかいておりますのでこちらもご覧ください! 「第6回ふっつ海堡丼フェア」は10月1日から11月 …

第9回富津はかりめ祭 記者発表試食会レポート!

地元富津を代表する食材「はかりめ(穴子)」をもっとたくさんの人に食べていただこうと、富津市商工会主催で始まった第9回 富津はかりめ祭のPRとして記者発表・試食会があり、幸運にもお招きいただき参加させて …

寿司・割烹の「いちまさ」/高野豆腐を使った「剥き物」技法(富津市竹岡)

以前、創作料理を中心にご紹介した竹岡の「いちまさ」さんを覚えていますでしょうか? 寿司・割烹の「いちまさ」/創作料理とマル秘食材による芸術に驚くお店(富津市竹岡) この記事の中でも、このお店の大将・斉 …

ふっつ時計

サイト内検索

広告募集
富津っ子Tシャツ好評販売中

たび旅富津 富津市観光協会の総合情報サイト

富津写真愛好家協会